arrowビザ

ビザの重要性

オーストラリアでお仕事されるにあたっては、就労可能なビザ、特に永住ビザを保持していることが前提となっているケースがご依頼が9割以上です。

現在永住ビザを保持してない場合はオーストラリア就職は無理か、というと決してそうではありません。
既に高い英語力と、学歴と関連した専門分野でのご経験を3年以上お持ちの方は、当地企業からのスポンサーにより、ビジネスビザ(subclass457)や、スポンサー付き永住ビザ(ENS、RSMS)の取得が考えられます。
お仕事により、学歴が大学卒でなければいけないのか、専門学校卒(Diloma学位)以上であれば問題ないのかは異なります。

ご自身の状況に関してご不明な際は、お問い合わせフォームよりご相談ください。(無料)

就職へ向けたキャリアカウンセリング・コンサルティングサービス

少し時間はかかりますが、今から一から出直す覚悟でオーストラリア就職を目指すことも可能です。
弊社リクルーターはスタッフ全員が最初から永住ビザだったわけではありません。観光、学生、ワーキングホリデー、永住ビザ、ビザを経験してスタッフが在籍しています。
会社としての知識はもちろん、それぞれのリクルーターの経験を活かし、今後のオーストラリア就職をサポートするのもグリンプスの大きな役割と考えています。

ビザ初期審査は無料

グリンプス・リクルートメントでは、提携のビザコンサルタントとの同時サポートにより、あなたの今後のオーストラリア就職、その先の移住のサポートも行っております。
ビザの初期診断は無料ですので、今後オーストラリアでセカンドチャンスを掴みたい、とお考えの方は是非お問い合わせ下さい。